職種も実に様々です

製薬会社と聞いた時、皆さんはどんな仕事風景を思い浮かべますか?
大抵は白衣を着ている人が、薬の研究開発や実験をしている風景を思い浮かべると思います。

もちろん製薬会社の部署には、研究者がいて、日々研究開発や臨床開発などを行っています。

一つの薬を開発し製品にするまでには膨大な費用と時間がかかりますが、製品になってからも治験を行い安全性を確認します。
これには臨床開発モニターや治験モニターなども参加します。
治験についての説明:http://www.yakuriken.com/chiken.html

薬が完成し認可を受け販売できるようになったら、今度はその薬を病院や開業医に売り込む営業が必要になります。

製薬会社の仕事は各分野に分かれており、分野ごとに求人があるので職種は数え切れないほどあります。

完成した薬の品質管理や在庫管理などの仕事もあります。

雇用形態も正社員や契約社員、アルバイトやパートなどもありますので、これも含めればさらに求人が広がります。

豊富で幅広い求人ニーズがあるのも、製薬会社の魅力と言っていいかもしれません。

医師や看護師、薬剤師が製薬会社へ転職する事も出来ます。

この場合は専門性の高い仕事になるので医療資格が必要になりますが、資格があれば特殊な仕事もできるので、スキルアプやキャリアアップのために、製薬会社に転職を希望する医療従事者も増えています。

製薬会社への転職を希望しているなら、医療関係の求人を専門に扱っている転職支援サイトの利用をおすすめします。

勤務地や月給など希望する条件は、できるだけ細かく指定しておきましょう。