営業から製薬会社への転職

今まで一般企業で営業をしていた人が、製薬会社への転職を希望する場合、薬を売り込むのに営業経験は有利となります。

製薬会社は薬を開発し製造販売していますが、薬を使う取引先が多いほど利益もふえますし、事業開発にも役立ちますので、営業も重要なポジションです。

既に取引のある医療関連企業や病院に、注文のあった医薬品を届けるのも営業の仕事ですが、新しい薬が開発され商品化された場合には、その薬の良さを説明し売り込むのも営業の仕事です。

新しい病院ができればその病院と取引できるように営業をかけるのも重要な仕事です。

製薬会社の営業の場合はMR経験がある方が有利となります。

MRというのは医薬情報担当者の事ですが、薬の説明なども行いますので、医学と薬学の知識が求められます。

MR認定資格もありますので、違う分野での営業経験がある人でも、MR認定資格を取得しておけば、仕事の幅も広がります。

MRは認知資格なので、国家試験に比べると受験しやすいと思います。

しかし合格するには条件もありますし、研修なども必要になるので簡単ではありません。

製薬会社によっては、講座を実施し受講後修了したら受験資格を与えているところもあるので、働きながら資格取得を目指す事もできます。

製薬会社の営業はMRだけとは限りませんので、開業医を担当する営業もあります。

営業は基本的に車での移動になるので、運転免許は持っていたほうがいいでしょう。

転職支援サイトなら、豊富な求人情報を扱っています。